経営者ブログ

「生きるために 死を考える」

2019.12.23

健康で人並みの暮らしをしていると
死を自分事に考えるのはなかなか難しいものです。

大切だけど面倒な事を後回しにしたり、
本当にやりたい事よりも容易な事に手を付けたり、
今できることを 明日来月と先延ばしにしたり・・・と。

そんなことを行き来しているうちに
「今年は全てをやり切れた自分だったか?」
と振返る、十数回目の12月を迎えました。

まだ不完全燃焼ですね。

自分は自分の可能性を信じています。
と同時に、その可能性に甘えているのも自分です。

自分に克つためのチャンスは、
今日は目の前にあったとしても
明日は通り過ぎてしまう可能性もあります。

「きちんと生きるために、きちんと死を考える」

明日が私たちに訪れるのは、
奇跡とは言わずとも不確かな事であるのは事実ですから。

——————————
・AIRzサービス(AWS コストマネジメントサービス)
・AIRz奮闘日記
・エンジニアの募集
・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事