経営者ブログ

どこに向かって仕事をするか..

2015.09.14

 
仕事はまずは
顧客のために向けるべきであり
そのために自分の役割を全うするべきである

SEはSEとしての役割を
営業は営業として役割を
面接担当者は採用者として役割を
もちろん経営者は経営者としての役割を

仕事が上司のためであってはいけない
1滴たりとも1ミリたりとも。

上司や経営者を満足させるために
仕事をする人が増えれば
組織は官僚的になってしまう

ピラミッド構造ができて
上にいる偉い人間を立てる全体主義は、
組織内の個人の自律という視点では死を意味する

そしてそれは
本来達成すべき目的のため
個々が当事者として仕事を全うすることを
さえぎってしまう

過ぎゆく日々に身を置くことと
自分で生きることは違う

そして自分で生きる人、生きようとする人が
多く存在する組織をつくろうとするとき

教育や環境づくりも大切なことだが
そういう資質をもった人を採用していく仕組みが
より大切であることを最近理解できるようになった

 
 good music

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事