AWSのITコストを削減 Simpline

選ばれ続けること

 

人事担当ブログ

ホーム - 人事担当ブログ - 感情を伝えるということ

感情を伝えるということ

2018.07.12

こんにちは!Mikanです。

 

ここ最近は、日々現場のエンジニアに直接会いに行き、話す時間をつくっています。

 

このご時勢、わざわざ足を使って会いに行き直接話すというのは

一見するとお互いにとって非効率的であり合理的ではないのではないか、、と

思われがちですが、

あえて対面(もしくは電話)で話すことにこだわりたいと考えています。

直接話すと表情や声で感情が伝わる、距離が縮まる、、というのももちろんですが、一番の理由は、

『人は、個人的な感情(特にネガティブなもの)は残る形では伝えたくないと思うから』です。

 

前職で、キャリアカウンセリングの前に転職理由やカウンセリングを申し込んでいただいた背景などを

事前にメールでお伺いするということをしていました。(面談準備のため)

ですが「詳細は面談時にお話したい」という返信で質問事項の回答がなかったり、返信がないケース(でも面談にはいらっしゃる)がほとんどでした。

 

お会いしたときに何故なのか聞くと、

「個人的な感情を一方的にメールで伝えることに申し訳なさを感じた」

「とりとめのない感情をどこまでどう話していいのかわからなかった」

「メールで弱音など吐いたら情報が一人歩きし愚痴っぽい人だとレッテルを貼られるのではないかと思った」

というようなお答えがありました。

 

感情を伝えることへの抵抗感は、年齢や職種は関係なく多くの方がお持ちだと思います。

そしてそれは社外に限らず社内であっても一緒。

であれば、安心して感情を吐露できる場を提供したい。「話していいんだ!」という空気をつくりたい。

 

当社のHR担当は、

現場で頑張っているエンジニアの方が遠慮なくどんな感情でも吐き出せるような存在になりたいと思っています。

コミュニケーションが希薄にならないよう、帰社率を高める等の取り組みにも力を入れています。

よかったら是非当社の募集記事も見てみてくださいね。

それではまた。
1 Star 0 いいねしてね!
Loading...
最新の記事
シンプラインブログ一覧
過去の記事一覧

fdasfd 2002年