AWSのITコストを削減 Simpline

選ばれ続けること

 

人事担当ブログ

ホーム - 人事担当ブログ - 2月からの新しい取り組み

2月からの新しい取り組み

2019.02.01

あっというまに1月が終わり、今日から2月ですね。



今日は社内のお話を少し。

小さなことですが、新しい取り組みがスタートしましたのでご紹介です!


その1:朝会


シンプラインでは、2/1(本日)から朝会を始めました。

目的は、1日のスタートの区切りとしてエンジンをかけることと、部署間でのコミュニケーションの強化です。

今年度から請負チームのエンジニアが本社勤務となったり、新しくHRや営業の仲間が入社するなどメンバーも変わり本社勤務者も増えてきましたので、

毎日5分だけ、テーマは自由/オーナー当番制で実施することとなりました。

記念すべき本日第一回目は、代表の清水がオーナー。

いろいろ材料を用意して臨んだとのことですが、「以外と5分て長いな。。。」と楽しそうに話しておりました。

本日初出社の新入社員エンジニアも緊張がほぐれたようです。

来週は、1月入社のHR担当が当番。趣味の将棋ネタがくるのかな、、、などわくわくしています。


その2:新しい勤怠管理システム(ジョブカン)の導入


2月から、従来の勤怠管理ルールを変更し、ジョブカンへ移行しました。

システム導入についてはずいぶん前から検討していたのですが、

なかなか「これ」というものが見つからなかった当社。

スクラッチ開発や他パッケージソフトなど複数検討いたしましたが、

ジョブカンは、自社ルールに合わせてカスタマイズできるなどの機能が特に充実していました。

※シンプライン独自の休暇や現場ごとに異なる就業時間設定など、特殊な運用にも対応可能なのです。



何より、現場のエンジニアになるべく負荷をかけず、わかりやすいシステムだったので、

導入を決定しました。



管理系のツールは、今後もわかりやすく使いやすいものがあればどんどん検討していきたいと思っています。



朝会も勤怠管理システムも、もともとはエンジニアから意見があったのが取り組みのきっかけです。


今後ご入社いただくエンジニアの方にも、業務の効率化や組織活性化のためのアイデアをどんどんいただけたらと思います。良いと思ったらどんどん取り入れていきます!

1 Star 0 いいねしてね!
Loading...
最新の記事
シンプラインブログ一覧
過去の記事一覧

fdasfd 2002年