ITソリューション部

大島 康則
Oshima Yasunori
2007年10月入社

ITソリューション第1部
部長

現在の業務内容とのミッションを教えてください。

お客様の信頼をより大きいものにし、請負型業務を増加させるため、お客様先に常駐し提案支援、システム構築などを行っています。
また、常駐とは別で、本社にて所属チームの管理や本社事業の検討などを行っています。
お客様のニーズを満たす独自サービスの提供をミッションと考えています。

これまでのご経歴と入社のきっかけを教えてください。

シンプライン入社以前も同様に、主にインフラ構築業務である基幹系のサーバ構築を行っていました。
シンプラインは、従業員満足度向上という独自の環境づくりや、事業を自由に提案・構築できる環境で、
サービス作りといった新たな挑戦が行えると思い、入社を決めました。
入社時に考えていたキャリアとしては、更なる技術の向上を目指していましたが、
マネージメント系業務に携わることで、技術職のみならず、業務の幅がが広がったと思っています。

これから取り組みたいことは何ですか?

ITは人を幸福にするための手段として利用することに意義があると感じ、
新たなサービスについて考えるようにしています。
自分が考えたサービスが一つでも多く利用いただけるよう業務に取り組みたいと思います。
そのためには、自身や社員みんなの技術力アップのための
セミナー開催といった教育も取り組もうと考えています。
また、試験的に働き方の変革も実施していく予定なので、
より個人の生産性を高めて、プライベート時間を多く確保し、公私バランスのとれた生活を送りたいです。

千葉 幸宏
Chiba Yukihiro
2014年7月入社

ITソリューション第1部 ライン3
アシスタントマネージャー

業務内容を教えてください。

インフラエンジニアとして、主にAWSに関わる案件の要件定義~設計・構築まで携わっています。
お客様先に常駐するスタイルではなく、本社内での持ち帰りのスタイルで業務にあたります。
定期的にお客様とミーティングを重ねながら案件を進めていきますが、
その場で出た疑問・課題に対して回答が出せた際にはやりがいを感じます。
現在はマネージャーのサポートとして参画することが多いですが、早い段階での独り立ちを目指しています。

入社しようと思ったのはなぜですか?

前職では接客業に就いており、未経験からIT業界に飛び込もうと会社を探している時にシンプラインを見つけました。
入社に際しては、技術そのものではなく、論理的な思考を持っているか、
働くということにどういう考えを持っているかといった点が重要視されていると感じました。
実際に入社してみて、周りには上記の性質を満たした方が多く、
チャレンジ精神を持った方が多いと実感しています。
受身の姿勢ではなく、能動的に課題を発見し、
解決に向けて動く姿勢が求められるため、その点を日々意識しながら業務にあたっています。

これから取り組みたいことは何ですか?

ワークライフバランスを実現することです。
特にこの業界はプライベートの時間を切り詰めて仕事にあたる傾向が強いと感じていますが、
そういった働き方はなるべくしたくありません。
まずは自身の作業効率を上げるために工夫を行うこと、
加えて働き方の選択肢を増やすために自社の新たなサービスを作ることが上記の実現につながると考えています。
具体的な方法はまだまだ模索中ですが、実現不可能なことではないと捉えています。

淺香 恭平
Asaka Kyohei
2008年5月入社

ITソリューション第1部 ライン1
ラインマネージャー

現在の業務内容と、入社後のキャリアを教えてください。

現在、SAP関連製品をクラウドで提供する際の基盤部分の構築を行っています。
入社してすぐは、1か月かけて、技術研修とビジネススキル研修を行いました。
研修後、ヘルプデスク業務へ着任ましたが、今後のステップアップのために、
着任期間中にMCPの資格を2つとり、サーバー運用チームへ異動になりました。
現場では、Windows Serverの運用保守だけでなく、設計構築も行っておりました。
自身のキャリアとして、クラウドに将来性を感じ、ITスキルの幅を上げたいと考え、AWSの資格を取得し、現在に至ります。

業務において、大変だった部分ややりがいを教えてください。

大変だったことは、サーバー運用チーム常駐時の障害対応が一番大変でした。
障害の範囲が広かったため、他チームとも協力しながら対応し、無事に復旧できました。
やりがいというよりかは、嬉しかったことになりますが、お客様からの評価がよかったこと、スキルアップを実感したとき、
チーム力が上がった(新人のスキルアップ)といろいろありますが、1番は次々と新しい技術に触れられる時です。

今後の目標について教えてください。

現在、SAP関連の案件に携わっていますが、SAPのこと、
クラウドに対する知識・経験が足りてないために、より深めていきたいと考えています。
また、現在の現場では、英語でのメールのやり取りが発生するため、
業務が滞りなくすすめるくらいの英語力を身につけたいなというのが、今の目標です。
IT×語学力をもって、市場価値の高いエンジニアになっていきたいなと思います。

       

白川 裕樹
Shirakawa Yuki
2011年2月入社

ITソリューション第1部 ライン3
ラインマネージャー

業務内容を教えてください。

現在は金融機関のシステム運用部に常駐しています。
サーバはUNIXがメインで、システムメンテナンス、開発サポート、アラート対応などを行っています。
能動的に動かないと、すぐに置いていかれる厳しい現場ですが、それが自身のスキルアップに繋がっていると感じます。

入社しようと思ったのはなぜですか?

シンプラインの行動指針が自身の考えによく似ていた為です。
入社してみて感じた事は、組織がフラットである事、公平性が高い事、各々の意見が尊重される事などがあります。
いづれも私にとって良い環境だと感じています。

これから取り組みたいことは何ですか?

遠隔勤務を実現したいと考えています。
IT基盤の技術進歩により、場所の制約はどんどん無くなってきており、少しの工夫で実現は可能だと感じています。
遠隔勤務が可能になったら、子供達を自然の中で育てたいと思っています。

       

三森 弘満
Mitsumori Hiromitsu
2015年9月入社

ITソリューション第1部 ライン3

業務内容・ミッションを教えてください。

今の案件では、AWS上でのシステム構築と運用を行っております。
構築では、お客様の要望に合わせて仮想サーバーやデータベースを構築しており、
運用では、お客様へ提供しているシステムで使われているAWSサービスに関するサポート対応を行っております。
運用をメインで行っており、AWSの各サービスはもちろんですが、
サーバーやデータベースなども熟知する必要があり大変ですが、やりがいのある業務です。

現在の案件でのミッションは、運用改善(自動化等)だと考えております。
チームメンバーのスキルでは対応が難しい業務量となってきており、
少しでも楽になるような運用のスキーマを作っていくことが必要になってきました。
チームメンバーの誰が行っても同じクオリティーを出せるように、
手順やフローの整備や業務の一部を自動化する案を考えております。

シンプラインってどんな社員が多いですか?

私が入社した時は自ら考えて動く、自律的な方が多い印象を受けましたが、
それは今でも変わりません。

営業職の方も技術職の方も、お客様にとって大事なことを自ら考え、
動いている方が多いように見えます。

今後やりたいことはなんですか?

まだ具体的ではありませんが、
クラウド✖︎データサイエンスをキーワードに、何かやってきたいと考えてます。
前職が小売業のスーパーバイザーであったこともあり、販売データをもとに売上分析をしてました。
現在のエンジニアとしてのキャリアを加えて何ができるのか、現在模索中です。

         

ビジネス推進部

柴田 智鶴
Shibata Chizuru
2012年12月入社

ビジネス推進部
アシスタントマネージャー

業務内容・ミッションを教えてください。

人事(労務、採用、教育)を担当しています。
主に採用業務に携わっており、求人媒体や面接の対応などを行っています。
売り手市場と言われている現状で、人材を確保するのは非常に難しくなってきています。
その数ある求人の中でご応募頂き、お会いすることができた方には、
シンプラインという会社を知ってもらい、選んでもらえるように丁寧な対応を心掛けています。

シンプラインってどんな社員が多いですか?

向上心を持って、意欲的に動くことのできる社員が多いです。
エンジニアとしての技術や知識を高めようとする意識を持っていて、
自ら進んで資格を取得するために勉強をするなど、努力をすることができます。

今後やりたいことはなんですか?

働き方の自由化です。
フレックス制度、テレワークなど、世の中の働き方が変わりつつあります。
場所や時間帯に縛られることなく働くことができるようになれば、
様々な事情で制約がある人も働きやすくなりますし、
プライベートの充実や、社員のモチベーションアップにも繋がると思っています。

         

鄭 蕊
Zheng Rui
2016年1月入社

ビジネス推進部

業務内容・ミッションを教えてください。

SES事業の営業を担当しています。
SESとはシステムエンジニアリングサービスの略で
ITプロジェクトにおいて、技術力や労働力を提供するサービスの事です。
主に顧客のプロジェクト情報を把握し、技術や人手が足りない部分に
顧客のニーズに見合う適切なIT技術者を提案します。
また、追加要員の依頼を頂くため、定期的に連絡・訪問し
顧客との取引継続やフォローをすることも、大切な業務内容の一つです。
顧客の抱える課題と、自社の持つ技術力・解決力を把握し
完璧にマッチングさせることが私のミッションです。

シンプラインってどんな社員が多いですか?

「ここを変えてほしい」などの意見をきちんと伝えてくれる社員が多いです。
大手企業や大規模プロジェクトで活躍する社員が多く、さまざまな考え方やノウハウが蓄積されています。
シンプラインでは、グループ別で社員同士のコミュニケーションを取れる場があり
新しい発想が生まれた時に、自分の意見を発表したり、社員同士の交流が活発だと思います。
このような雰囲気の中、シンプラインのサービスクオリティを高める目標に向けて
全員で取り組んでいると感じます。

今後やりたいことはなんですか?

難しいかもしれませんが、単純なSES営業の技術・知識だけではなく
より深いIT専門知識とマネジメントスキルを身につけて、更にステップアップしたいと考えています。