小難しい話でもしましょう。Yyamaです。

生殖方法には、有性生殖と無性生殖の2種類あります。
人間をはじめ、多くの多細胞生物は有性生殖です。
雄と雌の受精で新しい個体が作られます。
※キノコやカビも多細胞生物ですが、無性生殖をする種もいるようです

子孫を残す、という点で見ると
無性生殖の方が優れているように思えます。
有性生殖では必要な別の個体が、無性生殖では必要ないからです。

しかし、環境変化への適応に関しては有性生殖の方が優れているように思えます。
無性生殖が単純な分裂(個体間でのDNAのやり取りが発生しない)であれば
進化できず、いずれ自然界から淘汰されてしまうかもしれません。

・・・小難しい話はやはり苦手でした。
とにかく、人間は言葉を操ることができ、多くの動物が恐れる火を扱えます。
今を生きる僕らは、そんな人と人とのハイブリッドです。
良くも悪くも、何だってできるでしょう。

募集要項はこちら

おすすめ情報

AWS技術支援

AWS技術支援サービス

AIRz

AWSコストマネジメントサービス「AIRz」

会社情報

会社情報