はじめに

https://qiita.com/k_suzuki527/items/ae1a52ab5aa4ba043395

Q3 2021のクラウド市場は、
Synergy Research GroupによるとAmazon Web Service(AWS)が33%、Microsoft Azure 20%、Google Cloud Platform(GCP) 10%のシェアであることを公表しています。

Amazon, Microsoft & Google Grab the Big Numbers – But Rest of Cloud Market Still Grows by 27% 出典:Synergy Research Group

Synergy Research Groupとは
クライアントがパフォーマンスをベンチマークし、競争上の優位性を特定し、目に見えない成長と機会を明らかにすることを可能にする市場データを提供する会社。
https://www.srgresearch.com/

また、イギリス ロンドンのData Center Dynamics のクラウドシェアに関する記事(2022/2/4)によると、
アマゾンウェブサービスは収益を40%増加させ、Microsoft Azureはシェアを増やし、GoogleCloudは依然として8億4000万ドルを失っている状況の旨の記事がありました。Microsoftが2017年末から市場シェアをほぼ9パーセントポイント増加させ、第4四半期に21パーセントに達したと推定しているとのことです。

Amazon Web Services grows revenue 40 percent, Microsoft Azure increases share, Google Cloud still loses $840m

Synergy Research estimates that Microsoft has increased its market share by almost nine percentage points since the end of 2017, reaching 21 percent in the fourth quarter. Amazon continues to hover around the 32-33 percent mark.

Amazon Web Services grows revenue 40 percent, Microsoft Azure increases share, Google Cloud still loses $840m 出典:Data Center Dynamics Ltd(DCD)& DC Professional Development Limited(DCPRO)

Data Center Dynamics Ltd(DCD)&DC Professional Development Limited(DCPRO)とは
国際会議および展示会、B2Bマガジン発行、トレーニングおよび認証サービス、市場調査およびインテリジェンス、B2Bイベント、メディア、データセンター、トレーニングおよび開発などを行っている会社。
https://www.datacenterdynamics.com/en/

以上の記事やデータから、Azureのシェアは年々急速に伸びてきていることが読み取れます。
いずれAWSと肩を並べるようになる可能性があると推測できます。
故に、クラウドエンジニアとしてはAWS以外にもAzureの学習を進めることで、
AWSとAzure合わせてクラウド市場シェア約53%にもなる、大きな領域にて活躍の場が広げられると考えます。(※一個人の見解です。)

その切っ掛けとして、まずはMicrosoft Azureの基礎知識である 認定試験 AZ-900 Microsoft Azure Fundamentalsの学習から始めることをお勧めします。
比較的難易度が簡単です。クラウドの概念の把握もできますので非技術者の方もAzureに何かしら携わるのであれば、資格取得お勧めします。

Azure Fundamentals は、クラウド サービスの基礎知識と、それらのサービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかが検証されます。

評価されるスキル
The English language version of this exam was updated on January 25, 2022. Please download the exam skills outline below to see what changed.
Describe cloud concepts (20-25%)
Describe core Azure services (15-20%)
Describe core solutions and management tools on Azure (10-15%)
Describe general security and network security features (10-15%)
Describe identity, governance, privacy, and compliance features (15-20%)
Describe Azure cost management and Service Level Agreements (10-15%)

以下、学習方法の例をいくつかご紹介します。

学習方法1 公式 Microsoft Learn

各サービス、テーマ、試験ごとにラーニング パス、モジュール、ユニットが用意されており無料で学習できます。
また、一部サンドボックスとして、無料でAzure環境を一時的に利用することも可能です。
詳細は各コース、モジュール、ユニット内のドキュメントをご参照ください。

警告
サンドボックス外、または無料枠外でご自身のAzureアカウントで検証を行う際は、従量課金など発生するコストに十分ご注意ください。
不要なリソースは必ずクリーンアップしましょう。

具体的なラーニング受講方法としては以下のようなイメージになります。

①Microsoft Learnより、学習したい試験を選択する

例:AZ-900 Microsoft Azure Fundamentals

②受講したいラーニングパスを選択する

AZ-900 Microsoft Azure Fundamentalsの場合、2022/2/5時点で以下6つのラーニングパスが存在します。

試験内容変更やライフサイクルなどにより、適宜内容が更新されますので最新の情報は必ずMicrosoft Learnの公式の情報をご確認願います。

各ラーニングパス内に学習に想定される時間の目安時間の記載がありますのでご参考ください。

  • Microsoft Azure の基礎: Azure の主要概念に関する説明(3モジュール)
  • Microsoft Azure の基礎: Azure の主要サービスに関する説明(3モジュール)
  • Microsoft Azure の基礎: Azure のコア ソリューションおよび管理ツールに関する説明(6モジュール)
  • Microsoft Azure の基礎: 一般的なセキュリティ機能およびネットワーク セキュリティ機能に関する説明(2モジュール)
  • Microsoft Azure の基礎: ID、ガバナンス、プライバシー、およびコンプライアンス機能に関する説明(3モジュール)
  • Microsoft Azure Fundamentals:Azure Cost Management およびサービス レベル アグリーメントを説明します(2モジュール)

image.png

以降、「Microsoft Azure の基礎: Azure の主要概念に関する説明」を選択した場合を想定して話を進めます。

③モジュールを開始して、各ユニットを読み進める

当モジュールの概要の説明、立ち位置、前提条件などの説明を読み、
開始ボタンを押しましょう。あとはガイダンスに従い読み進めてください。
最後に知識チェック、まとめがありますので、理解度を確かめながら進めて頂ければと思います。
1つのモジュールが完了したら、次のモジュールを開始してください。以降繰り返し、ラーニングパスすべてを完了させましょう。

学習方法2 参考書による学習

私はこちらの「徹底攻略 Microsoft Azure Fundamentals教科書[AZ-900]」にて学習を進めました。
試験範囲が網羅されており、試験対策の要点、図などもあり、とても参考になりました。
Microsoft Learnでは理解しきれない部分は、参考書によるキャッチアップもお勧めです。

目次
第1章 クラウドの概念
第2章 コアとなるAzureサービス
第3章 コアとなるAzureソリューションと管理ツール
第4章 ネットワークセキュリティ機能とセキュリティツール
第5章 ID、ガバナンス、プライバシー、コンプライアンス機能
第6章 コスト管理とサービスレベルアグリーメント

学習方法3 問題集購入

より多くの問題を解きたい方は、Udemyなどにて問題集を購入されることをお勧めします。
評価が高いもの、解説がしっかり付いているものを選ばれると良いと思います。

学習方法4 Microsoft Azure Portalにて実際に触ってみる

仮想マシンの作成画面の例
※仕様、項目名などは適宜変更される可能性があります。
image.png

基本的にこのように各タブごとに値を入力し、最後に確認後にリソースを作成することができます。

Tips
・サブスクリプションとはざっくり、課金・コスト管理単位のグループのようなもの。
・リソースグループとは Azure リソースのデプロイと管理を行うことができる論理コンテナーのことです。
image.png

出典:管理レベルと階層

CLIやAzurePowerShellでもAzureのリソースを作成することも可能です。
公式ドキュメントや技術ブログを読みトライ&エラーしてみると、より身に付くのでお勧めです。
まずは、クイックスタートやチュートリアルから初めてみてはいかがでしょうか。

まだ、Azureアカウントをお持ちでない方で、作成を検討されている方はこちらよりご作成頂けます。
Azure アカウント作成後は12ヵ月間の無料の利用枠とUSD200* Azure クレジットを利用できます。詳細は公式のアナウンスをご確認ください。(2022/2/5時点)

まとめ

・Azureのシェアが伸びてきているため、未学習の方はAzureの学習を始めてみてはいかがでしょうか。活躍の場が広がると思います。
・手始めにAZ-900 Microsoft Azure Fundamentalsの学習をお勧めします。非技術者の方にも、クラウドの概念が分かりますのでお勧めです。

以上、御覧頂きありがとうございました。

エントリー

カジュアル面談

応募前に会社のことをもっと知りたい方へ

インターン

働きながら会社のことをもっと知りたい方へ

事業内容

AWS技術支援

AWS技術支援サービス

AIRz

AWSコストマネジメントサービス「AIRz」

会社情報

会社情報