よくみるAWSの構成図、クラウドを触るようになってから何で描いているんだろうと気になっていました。
案件に参画してみると、draw.io(現在はdiagrams)というツールで作画していることが判明しました。
使ってみてお気に入りになったツールの一つです。

draw.io(diagrams)とは

無料で使える、構成図やレイアウト図などが描ける作画ツールです。
こちらから利用できます。
AWSを使用する構成図や資料作りに大変重宝しています。
使い方の概要はferretの記事が参考になるかと思います。

AWS公式ドキュメントの図をリメイクしてみた

AWSのDirect Connectの公式ドキュメントにあるこの図のアイコンが古かったので、新しいアイコンで作ってみました。
direct_connect_overview.png
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/directconnect/latest/UserGuide/Welcome.html

これが

Direct_Connect.png

こうなりました。
色味の微妙な違いはご容赦ください。

元ネタと同じ色が使いたい!という方へ
私はGoogle Chromeの拡張機能にあるColorPick Eyedropperを使って調べています。
参考になれば。

募集要項はこちら

おすすめ情報

AWS技術支援

AWS技術支援サービス

AIRz

AWSコストマネジメントサービス「AIRz」

会社情報

会社情報