AWSのITコストを削減 Simpline

選ばれ続けること

 

エンジニアブログ

ホーム - エンジニアブログ - [AWS]ユーザーデータで初期設定

[AWS]ユーザーデータで初期設定

2018.12.18

こんにちは。middleです。

本日はユーザーデータについてです。


 


★今回のお題


ユーザーデータで初期設定を実施したい


 


★背景


ただEC2インスタンスを作成するのはそんな手間じゃないですが、それでそのまま使えるわけではありません。

AMIにもよりますが時刻同期設定、タイムゾーン設定などなど、いろいろやる必要がございます。

こういうもろもろの設定を自動的にできたらとても便利だなあ、と思ったわけです。(先人のみなさま方が)


↑これを実現するのがユーザーデータです。


※ちなみにユーザーデータとは(念のため)↓↓

Linux インスタンスでの起動時のコマンドの実行 - Amazon Elastic Compute Cloud

Windows インスタンスでの起動時のコマンドの実行 - Amazon Elastic Compute Cloud




Windows Server編が探しても見つからなかったので、ブログに書いたらいいんじゃない、というご意見をいただきました!! lol


 


★これを書きました。



<powershell>

# Change Password

function ChangePasswd( $UserID, $Password )

{

$hostname = $Env:COMPUTERNAME

[ADSI]$UpdateUser = "WinNT://$HostName/$UserID,User"

$UpdateUser.SetPassword( $Password )

$UpdateUser.SetInfo()

}

$UserID = "Administrator"

$Password = "(パスワード)"

ChangePasswd $UserID $Password

#

# Set TimeZone

tzutil /s "Tokyo Standard Time"

w32tm /config /manualpeerlist:169.254.169.123 /syncfromflags:manual /update

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation" /v RealTimeIsUniversal /d 1 /t REG_DWORD /f

#

# Set Proxy

reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /f /v ProxyEnable /t reg_dword /d 1

reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /f /v ProxyServer /t reg_sz /d (プロキシ):(ポート)

reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings" /f /v ProxyOverride /t reg_sz /d "(プロキシ経由にしたくないアドレス);169.254.169.254;<local>"

#

# Rename Computer

Rename-Computer -NewName (ホストネーム) -Force -Restart

#

</powershell>





〜今回やったこと〜


・Administratorのパスワード変更


・タイムゾーン&時刻同期設定


・プロキシ設定


・ホストネーム設定


 


Administratorのパスワード変更はとてもとても便利だと思いました。

キーペアが不要になるのもよいですね〜。


お恥ずかしい話……。

当初Administratorパスワード取得方法を知らず、キーペアも作らなかったので、「!?!?」となりました。

作ったのにログインできずterminateするという……。

↑こういうもの知らず対策(?)もできますね。


 


あとプロキシ設定は、「169.254.169.254」を例外にしておかないとAWS CLIがメタデータにアクセスできなくなっちゃうので気をつけましょう。


■参考:

HTTP プロキシを使用する - AWS Command Line Interface


 


 


★残課題


AWS CLIインストールあたりは頑張れそうだなあというところなので、引き続き頑張ります。


あとLinux(RHEL)はもうちょいいろいろできたのですが、OSによってユーザーデータで実施する設定に大きく差が出るのはどうだかなあ、と思う次第です。


 


というわけで以上です。

そして多分年内最後の更新かと思います。

ちょっと早めですが、今年もお世話になりました :)


 

1 Star 0 いいねしてね!
Loading...