AWSのITコストを削減 Simpline

選ばれ続けること

 

人事担当ブログ

ホーム - 人事担当ブログ - チームワークを大事にしながら技術研鑽にも余念がないエンジニア~請負チームリーダー重見のある日の様子~

チームワークを大事にしながら技術研鑽にも余念がないエンジニア~請負チームリーダー重見のある日の様子~

2019.10.11

シンプラインが注力している請負チームを率いるのは、チームワークを日々図りながらAWSの設計/構築に携わる重見です。

どんな風に日々働いて、どのような思いを持っているのか、聞いてみました。

 


【ある日のスケジュール】

 

9:00 
出社

定時は9:00~17:30ですが、時差出勤制度を導入しているため、

スケジュールに応じて早めに出勤したり、満員電車を避けて10:00に出社することもできます。

 

メールチェック 15~30分

朝一で緊急の連絡などがきていないかチェックしています。

 

9:30~9:45

デイリースクラム

昨日やったこと/今日やること、作業の進捗の妨げになることがないかをプロジェクトメンバーと毎日確認します。

 

9:45 ~13:00

作業開始

資料作成をしたり、機能追加や要件変更に対応する為のリリース作業やAWS設定作業をしたりなどしています。

 

13:00 ~

昼食

正午を避けて、空いている時間に外に食べに行くことが多いです。

請負チームメンバーや本社の人と、いろんなところに行きます。(肉率高めです)

 

14:00~16:00

設計業務


わからないことがあれば周りのメンバーと相談しあったりしながら進めます。

時々バランスボールなどを使って、適度に体を動かしながら集中力を高めます。

 


 

16:00~17:30

外出 お客様との定例mtgに参加

プロジェクトの進捗状況や1週間の予定について打ち合わせをします。

技術的な提案をすることも多々あります。

リモートで実施することも。

 

17:30 

業務終了

夜はたまに採用面接の対応や障害対応などもありますが、

基本的には早めに帰宅できます。

 

【この仕事のやりがい】

請負チームならではですが、自社のメンバーと緊張せずにわいわい作業ができるのはとても楽しいですね。

また、お客様と直接交渉したり提案ができることがこの仕事の醍醐味です。自分の持つ知識や技術力が誰かの役に立っているという実感をダイレクトに得ることができます。

AWSに適合したアーキテクチャを考えたりインフラをコードで管理したりなど、技術的にも面白いです。

 

【こんな人と働きたい】

周囲に対してオープンな人と一緒に働きたいです。

我々の仕事は、みんなで協力しながら作業を進めていかなければ良い成果は出ないので、

自分から「これ良いかも」と思ったことをどんどん発信したりキャッチアップしてくれる方だと刺激になりますし、やりやすいと思います。

また、昨今のインフラ技術は進化のスピードがとても速いので、エンジニアとしてそこに食らいついていこうという勉強熱心な方、変化やスピード感を楽しめる方にはぴったりの環境だと思います。

1 Star 0 いいねしてね!
Loading...
最新の記事
シンプラインブログ一覧
過去の記事一覧

fdasfd 2002年