エンジニアブログ

WindowsでNICの優先度を変更して参照するDNSを変える

2020.06.07

背景

社内で使っているPC(Windows10)はDNSとしてADサーバを参照するようにしているが、別システムにVPNで接続する際にOutlook(Office365)との接続が切れる事象が発生。

DNSがどちらに向いているかはnslookupで調べることができる。

C:UsersUser> nslookup
既定のサーバー:  UnKnown
Address:  192.168.1.1

この結果、VPN接続時はADサーバではなく、別システムが参照しているDNSを見ていることが判明。

解決策

NICの優先度を調整してDNSサーバをローカルで使用しているDNSに向くようにする。
優先度はメトリック値が低い方が優先されるので、今回はVPNのNICのメトリック(インターフェースメトリック)をLANより高くする。
現状のインターフェースメトリック値を確認するにはPowershellでGet-NetIPInterfaceコマンドで確認可能。

インターフェースメトリックの変更方法

  1. “コントロール パネルすべてのコントロール パネル項目ネットワーク接続” を開く
  2. 当該VPN接続を右クリックし、プロパティを表示
  3. ネットワークタブを開き、TCP/IPv4のプロパティを表示
  4. 詳細設定ボタンをクリック
  5. IP設定タブを開き、自動メトリックのチェックを外す
  6. インターフェースメトリック欄にメトリック値を入力する

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事