本社ブログ

この会社なら、リラックスして業務に臨めると思った

2019.12.17

社員インタビュー 第23弾!
今回は、12/1入社のKさんです。
研修にも熱心に取り組まれ、来月から現場着任を控えていらっしゃいます!

ーー面接の際は「とても緊張してます!」と仰っていましたが、入社して半月、もう慣れましたか?

引き続き緊張はしますが、わりとみなさんフランクな感じなので話しやすいです。
今までの職場では、本社にいる間に会話とかはあんまりなかったので驚きました。

ーー前職では、監視のオペレーションに従事されていたのですよね。
活動中はいろいろな会社を見ていらっしゃったと思いますが、なぜ最終的にシンプラインを選んでくださったのでしょうか?

立地や条件、仕事内容など総合的に見て判断しました。
特に仕事内容は今回の転職でとても重要なポイントでしたね。これまでが監視メインの業務だったので、他社様だと入り口はオペレーションからとなる可能性もあったんです。でもシンプラインは、インフラの運用保守・構築からスタートできると伺い、ここでやっていこう!と決めました。
あとは、面接してくださった方がみんな話しやすかったのも重要なポイントでした。
入社してすぐに顧客面談に行ったのですが、その際も営業の米山さんが練習に付き合ってくれたり、面談前にお会いした現場のリーダーが初対面にも関わらずフランクに話しかけてくれリラックスさせてくれたので、とても助かりました。自分は緊張しやすいタイプなので、話しやすい空気を作ってくれたことに感謝です。
これから先輩のコミュニケーションスキルを真似していきたいと思いました。

ーーリラックスして顧客面談に臨めたようで本当に良かったです!
1月から現場着任ですが、お気持ちはいかがですか?

前述の通り緊張しやすいタイプですので(笑)、不安はとっても大きいです。
ただ、同時に早く現場に行きたい、と楽しみな自分もいます。
勉強は苦ではないですが、今本社でひたすら座学でやっていることを現場で活かし、実際に手を動かせると考えるとワクワクします。
最初はOSやMWの運用保守に携わるそうで、これまで触れたことのない技術にも触ります。
あと2週間、しっかり勉強して早く現場で活躍できるよう頑張ります。

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク