経営理念

『選ばれ続ける』

私たちは事業を通し、顧客や社会の本質的な課題を解決し、かつその事業領域においてもっとも高い価値を提供する
私たちの事業は「顧客利益」「自社利益」を「企業倫理~社会的に良い存在であること」の上に築く
一人ひとりの社員は、すべての機会において平等で公正なルールのもとに正しい評価を得る
私たちは意志をもって今日よりも明日をより良く変え続ける

  • シンプル
  • 公平
  • 自由
  • あきらめないこと

経営者メッセージ

経営責任者清水優

道の途上で
生きているということは道の途上にいるということです。
だから今日の成功に慢心せず、失敗にも悔やみ過ぎず
今日より明日をより良くするために前を向き歩き続けることが大切です。


自分を信じる
簡単なようで最も難しいことのひとつです。
順調ではないとき、逆境が続くときには
自分のやり方や考え方がぶれたり
未来も困難が続くような錯覚に陥ることがあります。
そしてそういうときには自分の真意や本質が問われています。

苦しい時期、自分を自分の意志で前に進めれるか否か?
それは自分で考え抜いて自分の意志で選んだ道か否かが大きく影響します。


道の終わりに
生きているということは、いつか死が訪れます。
志の途中であっても道はいつか途切れます。

途切れたときに何処に向かっていたか、何処にいたか。

ビジネスでは結果が大切ですが,
人として生きる上では、どれだけベストを尽くしたか。真剣に熱中したか。
それが大切なことです。

経営責任者清水優

経営者ブログ
http://www.simpline.co.jp/shimizu/
弊社経営責任者によるブログです。
経営理念や事業の方向性に直結する、経営責任者の哲学・考え方を書き連ねています。


行動指針

ずるくならないこと
保身、利己のための行動は目先の利益と引き換えに信頼を失う。
信頼は、ビジネスでも人生でも最も大切なことのひとつ。
チャレンジする
チャレンジし失敗してもその経験の価値は大きい
失敗を恐れチャレンジをしない事は自分の成長を止めてしまう
実現する方法を考える
「できない理由」ではなく「できるための方法」を考える
不可能なように見える多くのことも、1%の成功の可能性は見出せる
今日と未来のために
今日1日を全力で精一杯生きること
それが未来のためにつながっていること
自分と誰かのために
自分のためだけでも誰かのためだけでもなく
自分と多くの誰かのために
リーダーシップ
まわりに良い影響を与え
まわりから目標とされるような発言と行動を
仕事を通じて人生を豊かにする
ビジネスで成功するだけではなく
ビジネスの成功を通して人生を豊かにする
健康なカラダをつくる
仕事と生活の充実のためには健康なカラダが必要。
そしてカラダを自分で管理することは、強いココロづくりにもつながる。


社会に役立つこと

企業組織は、社会という大きな組織のひとつです。
ですから社会をより良くすることは自分たちの成長のためにも
当然のことだと私たちは考えます。
社内教育や組織形成を通じ、社員と経営層が高い倫理観を持つ人間として成長することで、
経済活動だけではなく社会活動にも自律的に貢献できるような人材の育成であったり、
小さな活動ですが社内募金による定期的な寄付を通した社会活動を継続的に行っています。