経営者ブログ

「誰かよりも」ではなく「誰かのために」

2019.09.30


新しい事業を作っていく中で、
否が応にも他社の類似サービスは気になります。

先行された他社サービスの良い点を
自社のサービスに取り入れていくことはとても効率的ですが、
「良い」というのは利用者にとってのことですから
本来、何を取り入れていくべきかの材料は
類似サービスからではなく、利用者の意見や要望からであるべきでしょう。

もちろんビジネスですから
類似サービスよりも自社のサービスが優れていることは
収益の面からも無視するわけにはいきませんが、

自社のサービスの将来を俯瞰し中期的な成長を考えたときに
一見遠回りのように見えても、
とにかく利用者の声に集中することが近道となるでしょう。

昨日よりも今日、より良く進化していること・・・利用者にとっての利用価値が。

誰かよりも優れているかではなく
誰のために優れているかが大切なことだと思います。

それは事業でも然り、個人においてもです。
——————————
・AIRzサービス(AWSのコスト削減クラウドサービス)
・AIRz奮闘日記

・エンジニアを募集しています!
・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事