エンジニアブログ

【AmazonConnect】問い合わせフロー内でのLambda呼び出し

2020.07.14

概要

AmazonConnectでは問い合わせフロー内でLambda関数を呼び出すことができます。
また、Lambda関数を呼び出す際にはJSONリクエストをやり取りしており、これを利用することで条件分岐などが可能になります。

紐づけ

問い合わせフローから直接ARNを指定して呼び出すことも可能ですが、前もってマネジメントコンソールからインスタンス情報にアクセスし、「問い合わせフロー」からLambda関数を登録できます。
こうすれば、Lambda関数を呼び出す際、プルダウンで登録した関数が一覧で出てくるので選びやすいです。
QiitaBlog001.png

以下、問い合わせフロー内におけるLambda関数の設定画面
QiitaBlog004.png

問い合わせフロー内での操作

AmazonConnectからLambda関数を呼び出す際、以下のようなJSONリクエストがLambda関数に引き渡されます。
Lambda関数の戻り値は”Attributes”にJSON形式で格納され、AmazonConnectに渡されます。

{
    "Details": {
        "ContactData": {
            "Attributes": {"ここに":"Lambda関数の値"},
            "Channel": "VOICE",
            "ContactId": "4a573372-1f28-4e26-b97b-XXXXXXXXXXX",
            "CustomerEndpoint": {
                "Address": "+1234567890",
                "Type": "TELEPHONE_NUMBER"
            },
            "InitialContactId": "4a573372-1f28-4e26-b97b-XXXXXXXXXXX",
            "InitiationMethod": "INBOUND | OUTBOUND | TRANSFER | CALLBACK",
            "InstanceARN": "arn:aws:connect:aws-region:1234567890:instance/c8c0e68d-2200-4265-82c0-XXXXXXXXXX",
            "PreviousContactId": "4a573372-1f28-4e26-b97b-XXXXXXXXXXX",
            "Queue": "QueueName",
            "SystemEndpoint": {
                "Address": "+1234567890",
                "Type": "TELEPHONE_NUMBER"
            }
        },
        "Parameters": {
            "sentAttributeKey": "sentAttributeValue"
        }
    },
    "Name": "ContactFlowEvent"
}

Lambda関数に値を渡すとき

Lambda関数に値を渡すときは以下の順でブロックを並べます。
QiitaBlog002.png
QiitaBlog003.png

ここで設定した属性はLambda関数で

event["Details"]["ContactData"]["Attributes"]["key"]

で参照できます。

Lambda関数から値を受け取るとき

Lambda関数の戻り値は問い合わせフロー内で「属性」として扱われます。また、タイプは「外部」として扱われます。
問い合わせフロー内で、属性を確認することで分岐ができます。
QiitaBlog005.png
QiitaBlog006.png
チェックする条件は、「別の条件の追加」から追加可能であり、「等しい」以外でも不等号などを選択できます。

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事