エンジニアブログ

AWS Cloud9 (ubuntu) のAWS CLIをversion 2 にアップデートする

2020.06.06

AWS Cloud9 にAWS CLI (version2)をインストールした際のメモ
OSはubuntu

現行バージョンを確認

Cloud9ではすでにAWS CLIがインストールされている

$ aws --version
aws-cli/1.18.45 Python/3.6.9 Linux/4.15.0-1065-aws botocore/1.15.45

Version 2 インストール

v2をダウンロード

$ curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-x86_64.zip" -o "awscliv2.zip"
unzip awscliv2.zip

現行バージョンをアンインストール

$ sudo pip3 uninstall awscli -y

インストール

$ sudo ./aws/install
You can now run: /usr/local/bin/aws --version
$ aws --version
aws-cli/2.0.15 Python/3.7.3 Linux/4.15.0-1065-aws botocore/2.0.0dev19

その他の設定

AWS Cloud9 はログインユーザが持つ権限の一時的な認証情報が利用できるため、AWS CLIのアカウント設定をしなくてもすぐ利用できるが、許可されるアクションが制限される。
IAM系ユーザやグループの作成などは今のままでは下記のようにエラーとなる。

$ aws iam create-group --group-name testgroup
An error occurred (InvalidClientTokenId) when calling the CreateGroup operation: The security token included in the request is invalid

回避方法として、一時的な認証(AWS managed temporary credentials)をOFFにし、代わりにロールをアタッチする。

設定方法

  1. AWS Cloud9 の Prefarences -> AWS Settings -> Credentials でAWS managed temporary credentials をOFFにする
  2. IAM のロールで ロールの作成をクリックし、ユースケースでEC2を選択
  3. アタッチするアクセス権限ポリシーを選択(例:AdministratorAccess)
  4. 作成したロールをCloud9をホストしているEC2にアタッチする
$ aws iam create-group --group-name testgroup
{
    "Group": {
        "Path": "/",
        "GroupName": "testgroup",
        "GroupId": "********************",
        "Arn": "arn:aws:iam::************:group/testgroup",
        "CreateDate": "2020-05-22T12:21:14+00:00"

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事