こんにちは!Tです。

先週本屋さんに行ってきて、「断捨離」のタイトルの本がありました。
断捨離をそれぞれの漢字の意味から説明しますと、
断:必要ないモノを買わない(断つ)
捨:必要ないモノを捨てる
離:モノに執着しない(離れる)

つまり不要なモノは捨ててしまい、本当に必要なものだけのシンプルな生活をしようという意味です。
単なる片付け術ではなく、考え方としては「モノへの執着を捨てること」を第一にしています。

断捨離により仕事の能率を上げることも期待されます。
「必要ないモノを断つ」ことが大切です。
仕事で考えると、必要のない仕事はやらないということになります。

「そもそも必要のない仕事はやっていない」という人がほとんどだと思います。
まずは自分の仕事中の作業を1つ1つ確認していきましょう。
その仕事や作業は「何のためにやっているのか」という目的をはっきりさせる必要があります。

「何のためにやっているのか」という理由がはっきりすると、
その仕事や作業が必要ない理由が見つかることがあります。
実は「もっと簡単な方法がある」と気づくこともあります。

状況が変わった場合や新しい仕事を頼まれた場合にも、同じように断捨離します。
こうして無駄な仕事や作業に時間を使わずに済むようになります。


こんにちは、Sです。

先週の試験落としました。不甲斐ないです。
勉強方法がちょっと効率悪かったなと反省してます。
傾向が大体掴めたので来月また受けてそこで確実に
取りたいと思います。
本来の目的は取得ではなく、AWSを熟知することですが。

と、負け惜しみはこのくらいにして。

筋トレと食事制限の話題についてです。
ネットで調べていて趣深い情報を見ました。

食事制限なしで筋トレを続けていると筋肉量に伴い
体脂肪が激しく増加するということ。

じゃあ食べなければいいのかというとそれは違く、
食べないと体脂肪は減りますが、筋肉量も減ると。

筋肉量は減らさずに体脂肪を増やしたくない。
それに効くのが筋トレ+プチ断食という組み合わせ

筋トレを週3日やるとします、やらない日にプチ断食。
ルールとしては20時間何も食べずに過ごす。20時間
経ったら好きなものを好きなだけ食べてよい。

そうすることにより筋肉量の減少を抑えられると。

あくまで数ヶ月で身体を作ろうと思ったら有効な話で、
ずっと続けていたら健康には良くないと思います。

余談ですがお酒を飲んだら太るといった
因果関係はほとんどないらしいです。Sでした、また来週。


こんにちは。YCです。

 

自分の感覚的に正しいと思っても事実を突き詰めてみると全然違うなんて事がちょこちょこあります。

ゲーム理論の記事で、感覚の曖昧さを体感させてくれる問題を見つけたので紹介いたします。

 

地球が円周4万kmの真球だとした時に、地球の円周よりも10mだけ長いロープ用意し、

地球の周りを囲うようにロープを一周させると、地球とロープの間に隙間が生まれます。

このとき、地球とロープの間にはどれくらいの隙間ができるだろうかという問題です。

直感で考えてみてください。以下の選択肢のどれが答えだと思いますか?

 

①髪の毛も通せないぐらいの隙間
②鉛筆を転がせるくらいの隙間
③ねずみが通れるくらいの隙間
④人が通れるくらいの隙間

 

 

 

実は、④の人が通れるくらいの隙間が開くんです。

計算してみるとわかるのですが、

円周4万kmの地球の半径は、

40.000.000(m)/2π ≒ 6,369,426.75(m)

円周4万kmの地球より10mだけ長いロープの半径は、

40,000,010(m)/2π ≒ 6,369,428.34(m)

ここから、ロープの半径から地球の半径を引くと・・・

6,369,428.34(m) –  6,369,426.75(m) = 1.59(m)

 

1.59mでしたら人でも通れますよね。

4万kmに対して10mだけ長くしたところで焼け石に水だろうと思い、

答えは①か②だろうと思った私の直感は見事外れでした。

 

直感でいくら正しいと思ってもその直感だけを頼りにしてはいけませんね。

以上です。


日々を楽しく

| 未分類 |

こんにちは。MTです。

社内サーバー構築の研修中ですが、
セキュリティグループの設定で保存できず
さっきからずっとぐるぐる回ったままです。

上記のように(これはかなり軽い例ですが)
壁にあたることもありますが
研修生同士で相談したり、
先輩に聞きながら相変わらず楽しく研修をしています。

ここ数日は道に迷ったりもしましたが、
導いてくれる方々、一緒に進んでくれる仲間に恵まれ
迷子の状態は終わりが見えました。

6月は入社する方が多いそうです。
楽しいことばかりではありませんが、
なるべくならどんなことでも楽しんで、
明るく過ごしていきたいと思います。


新人研修をしているYKです。
コミュニケーション力を養うということがこの仕事にとって重要です。

コミュニケーション力とは

養うとはどういうことなのでしょうか?

コミュニケーション

話したり、聞いたり、協調したり、話を合わせたり、肯定したり、否定したり

そういった表現や対応を時と場合に合わせて変えていく

このパターンは何通りもあり
何が正解なのか不正解なのか

おそらく重要になるのは自分の事を考えるか相手の事を考えるか

例えば、会話をしているときに一方が聞く方、一方が話す方であれば成立しますが
両方話す方であれば、すでにコミュニケーションは成り立っていないです。

しかし、親しい間柄であれば、それができることこそがコミュニケーション力と言えると思います。

となると、コミュニケーション力とは何であるか。

ますます難しくなると思います。

一昔前には「空気を読むこと」というのが流行りました。

空気を読める人とはコミュニケーション力があるのでしょうか。

空気を読めるだけで何も話さなければそれもそれでコミュニケーション力があるとは言えません。

重要なのは空気を読んでなおかつ適切なことを話せることです。

相手の事を考えること、出来るようで出来ないこと。

また出来ていても、それを伝えることは難しいことです。

親しい間柄、良く知っている間柄になれば、それは簡単に思えるかもしれません。

しかし、親しい間柄にも礼儀ありという言葉の通り

ここにおいても礼儀というものが必要です。

私は自分にはコミュニケーション力がないと思っています。

人よりも劣っていると思います。

では、このように複雑な能力をいかに養っていくのでしょうか?

この問題にきちんとした正解を持っている人に出会った事がありません。

おそらく、万人が認めるほどのコミュニケーション力を持っている人というのはそういないからではないでしょうか。

つまり、そもそもコミュニケーション力がない、あるといった話をするのではなく

コミュニケーション力のない方に伝えなければならないこととは
「積極的に様々な方と話し、議論し、コミュニケーションをとりなさいよ」ということなのではないでしょうか

それがコミュニケーション力を上げることにつながるのだということです。

難しく複雑なパターンを文字や形式で覚えることは不可能で
そこで覚えたことは相手にすぐに見破られてしまう、見せかけの力でしかありません。

言葉で説明できるもの、簡単に習得できるものはコミュニケーション力ではなく
ただの演技です。

では、そもそもコミュニケーション力を養うことを研修で行うこと

それ自体に無理がある

さらにそんなに簡単に養える能力であればもともと価値がないもの

大事なことは日々
積極的に他者とコミュニケーションをはかること

これこそがコミュニケーション力を鍛えることであり、
同時にこの仕事に必要なことなのではないかと思いました。


こんにちは、ねこみみずです。
今日は高校入学時から読んでいる本についてです。

どんな内容かといいますと、
自分は電車の運転手でブレーキが利かないことに気づいた、ここまでは確定している状況です。
片方の車線では1人が作業をしていて、もう片方では5人が作業をしています。
ブレーキが利かないのでどちらかの道を選択しなければなりません。
そこで、倫理観の話をすると5人の被害よりも1人の被害の方が少なくて済みますが、
5人には親や養うべき家族がいなかったと仮定し、1人は家庭があり子供もいる、そんな状況で
果たして本当に5人より1人がいる道を選ぶことが正しいのか、正義とはなにかという題材です。
ハーバード大の学生が教授と議論をしていく講義録になります。
小難しい話にはなりますが、読めば読むほど考えが深まり、また別の視点からの物の見え方があります。

私自身でもどれが自分の正義なのかまだ結論が出ていませんが、
とてもおもしろい本でした。

そんな状況だったらどうしますか?

ねこみみずでした。


こんにちは、最近飲んでるプロテインが体に合わなくて
お腹の調子があまり良くないSです。

明後日ベンダー系資格の試験を控えています。
公表されている難易度的には中級らしいですが、
合格率的には低いという情報です。
私自身もちろん合格するつもりで勉強してきました。
なので、受かると信じています。

ということでタイトルの話題に。
いきなりですが皆さんは最近なにか高い買い物をしましたか?
聞いといてなんですが私はしてません。
値段の高い買い物ほど人は1円が軽くなるというコラムを読みました。

どういうことかというと、
例えばあるショップで5000円のシャツが隣町の店では2000円で売られていたら
足を運んででも買いに行く気持ちが沸いてくると思いますが、
30万円のコートが違う店で29万7000円で売っていたとしても
わざわざ違う店に買いに行かずともその店で買ってしまう。

といったように差額はどちらも3000円ですが、値段が高くなると
人は心理的に1円の価値を軽く感じてしまうと。

私はこれを読んで確かに車を買うときどうでもいい高いオプションを
安易につけてしまうような感覚がそうなのかなと思いました。
必要なものだったら高くても買いますけどね!

良いか悪いかは別としておもしろい感覚だなと思いました。
以上です。来週も現れます。


こんにちは。YCです。

 

最近ブログサボり気味ですが、生きてます。

MTさんが個人とチームについてお話されていたので、触発されました。

 

みなさん、「真のチームワーク」って何だと思いますか?

 

私の大好きな漫画でONE OUTSという漫画があります。

ざっくり説明すると、野球漫画で、120km程度のストレートしか投げられない主人公の投手が、

頭脳戦、心理戦で万年最下位のチームを優勝まで導くという内容です。

この漫画の中で真のチームワークについて語っている場面がありまして、

個人的にすごく印象深く残っているのでご紹介致します。

 

とある場面で主人公がメンバーに真のチームワークについて問いかけます。

その時にメンバーは

「チームワークとは、メンバー一人一人の力をあわせてより強い力を出すってことだ。

野球は一人じゃできないからな。仲間を信じ合い、助け合えばそれが大きな力となる。

いわば全員野球ってヤツだな」

と答えました。

 

しかし、この答えは”大不正解”だと主人公が言い放つのです。

 

 

 

その後、主人公の奇策によりチームが急激に強くなり、

そこで再度、真のチームワークについて問われる場面で、

最も成長したメンバーが、

「『みんなで』なんかじゃねーんだよ。『俺が』なんだよ。

『俺が』チームを勝たせるんだよ。他人なんかアテにしてちゃダメなのさ。

自分しかいねーんだよ、チームを勝たせられるのは。

他人が失敗したってカンケーねーよ。自分のパワーひとつでチームは勝利するんだから。

『俺がやる』…って、もしメンバー全員がそう思ったら、ものすごいパワーになると思わねーか?

それが真のチームワークじゃねーのかな」

と答えました。

 

これこそが主人公の求めていた正解であり、

真のチームワークだと言うのです。

 

ビジネスのシーンで、一人の力でチームを勝たせる(目標を達成させる)のは難しいですが、

チームの全員が常に自分がチームのキーマンだと考える事で、

チームとしての成果は格段に飛躍するのではないかと思います。

ただし、独りよがりにならないよう注意は必要ですが・・・

 

以上です。


こんにちわ
天ぱです。

今回は最近の営業活動で学んだことを書きたいと思います。

「初めてのことは聞くしかない」

こちらはお客様先で言われた一言になります。

何でも聞かずにまず自分で調べるを癖付けろなど
小学校~大学まで言われることが多かったと思います。

ただ、スピードが重要なSESビジネスではその常識にあまり当てはめずに柔軟に営業を行った方がいいと思える訪問でした。


個人とチーム

| 未分類 |

こんにちは。MTです。

今日は個人とチームについて考えたいと思います。

私は高校の時に弓道部に所属していました。
弓道は己との戦いとよく聞きますが、
それだけではありません。

最終的には個人の成績がよければ個人優勝や段位の取得につながります。
しかし、やはりスポーツというだけあってチームワークも必要となります。
一人で黙々と練習して上達していけるようなものではありません。

大会ではチームを組み、団体の成績で入賞を目指すこともあります。
誰かに見てもらい、癖を直したりアドバイスをもらったりしながら共に成長していくものだと思っています。

仕事でも似たようなことが言えると思います。
個人の能力が高ければ、仕事が早く終わるかもしれないし、給料が上がるかもしれません。
しかしやはり会社に所属している以上、チームワークも必要になると思います。

エンジニアともなれば、自主学習ももちろん必要ですが、
自分の知識だけではわからないことを教わることもあると思います。

案件ごとのチームでも、会社という大きな意味でのチームでも
共に成長していけるよう努力していきたいと思います。

最近は弓に触れる機会が減りました。
久しぶりに弓道がやりたくなりました。