AWSのITコストを削減 Simpline

選ばれ続けること

 

人事担当ブログ

ホーム - 人事担当ブログ - 社内での資格取得にむけて

社内での資格取得にむけて

2019.09.13

先日の台風の影響で、各所で大混乱となっていましたね。

私の最寄り駅でも始発から入場規制を行なっていて、全く身動きの取れない状況に。


復旧を気長に待ちつつ、ブログのネタを考えたりしていました。




今回も社内の制度について。


当社の福利厚生の中に「資格取得の支援」がございます。

私も管理側とは言え、折角会社の制度があるのだし、

勉強しないのも損だなと思い、ひっそりと勉強を進めていたりします。




支援の中味としては、、、


・初回受験費用補助(不合格でも次回以降合格したら全額補助)


・必要書籍の購入補助


・AWSの検証環境


・資格取得に向けた勉強会(不定期)


・取得時のレポート、体験記などが記録されている。


上記に加え、既に資格を取得している方へ聞ける環境もあります。


当社で取得推奨している資格といえばAWSです。

そこに対してのフォローがやっぱり手厚い。


いくつかピックアップすると、受験費用負担はやはり大きい。

基礎的なSAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)でも受験費用15,000円(税別)、

模擬試験だけでも2,000円(税別)。

資格試験の中でも高めな部類と思いますので、補助が出るのは大いに有難いです。

(消費税が上がりますね。軽減税率の対象・・・じゃないですね、そうですね。)


 


会社の本棚にも各資格の資料が貸出できます。

最近本棚の整理を行なっていたら、年季の入った資料が数々出てきて、

シンプラインに所属してきた方々が残していった勉強の跡がしっかり残っており、

少し覗くだけでも少しやる気が出たりします。(個人の感想です)


資格試験もモノによっては毎年内容が更新されるので、

新たな資料で本棚が充実してくるのも個人的に少し楽しみだったりします。




また社内で蓄積されている受験の体験記もまとめられており、

合格でも不合格でもリアルな情報が残されているので、

その中での試験のコツや失敗時の反省点が共有されています。

合格時の記録はネット上でもよく見かけますが、不合格時の記録って結構貴重に感じます。




シンプラインは資格取得に関してとても手厚くフォローされている環境と感じます。

あとは自身のやる気次第。

AWS未経験の方でも興味と意欲を持って挑戦してみてはいかがでしょうか?

1 Star 0 いいねしてね!
Loading...
最新の記事
シンプラインブログ一覧
過去の記事一覧

fdasfd 2002年