経営者ブログ

好きな本。

2019.10.07


アラン・シリトーの「漁船の絵」という
40ページ足らずの短編小説がありして、
20代のころに初めて読んで、今でも時々読み返す一番好きな小説です。

そこから何かを得るとか影響を受けるとかはありませんが、
ただ単に物語として好きな本で、
幾度も読む度にも色あせることはありません。

たかだが数十ページの物語で
難しい言葉や複雑なことは何も書かれていませんが
そこに浅はかさは感じません。

そして、膨大で難しく複雑なことに
必ずしも奥深さや本質的な事があるかといえば、そうとも言えません。

複雑さ、膨大さ、難しさというのは、
時に、そうすることによって得をしたり満足する人たちがいて
その人たちによって、その人たちのために作られることも往々にあります。
それが本来的なことではない形だとしても。

「シンプルであれ」、と。

——————————
・AIRzサービス(AWSのコスト削減クラウドサービス)
・AIRz奮闘日記

・エンジニアを募集しています!
・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事