経営者ブログ

「春夏秋冬」生まれてから死ぬまで。

2019.11.11


春に新芽が出て、
夏に向かって大きく伸び、
秋から冬を迎え、そして種を残す。

仮に80年を生きられるとして、
きれいに区切れば、20年ごとに季節が移り変わりますが
人によってそれは大きく異なるでしょう。

長い夏を過ごし、
短い秋冬を過ごす人がいれば
その逆の人生を過ごす人もいるでしょう。

僕が考える夏の終わりは、
「できる力が自分には無くなった」と確信した時だと思います。

やりたい事でもやるべき事でも
それらをやり切る可能性を自分が失ったと確信したときに、
人生の夏は終わり、秋に差し掛かっていくものだと思います。

そして冬の終わりには、
誰しもが何らかの種を残します。

種の価値は、その人が春夏秋をどう生きたかによって
異なるでしょう。

——————————
・AIRzサービス(AWS コストマネジメントサービス)
・AIRz奮闘日記

・エンジニアの募集
・技術者ブログ
・シンプラインのコーポレートサイト

関連キーワード

この記事をシェアする

Facebook Twitter LINE はてなブックマーク

この記事を読んだ方に
おすすめの記事