九州でエンジニアとして働きながら、空いた時間を農業に!

こんな仕事をしてます!

主に、メガバンクのWebサービス用クラウド基盤の様々なプロジェクトに従事していて、要件定義、設計構築、保守まで幅広く担当しています。
コロナ感染拡大後、九州でリモートワークをしています。

入社してから成長したと感じること

入社前はAWSのAの字も知らないレベルからのスタートで漠然とクラウドエンジニアになりたい、これからは必要になると思い入社しました。
以前の会社より、自分に任せられる範囲が大きく、当然責任もありますが自身の成長には大変良いことだと思っています。
自身での判断による行動が求められることが増えたので、先のことも見据え考え行動するようになったことも大きいところと感じています。

仕事でやりがいを感じるとき

地道な作業が多いのですが、それらをお客様や会社がきちんと見て評価をしてくれたとき。
社会性が高いシステムなのでリリース時にはそれなりにやりがいを感じます。
また、お客様から個人名で指名されるとモチベーションは上がりますね。

こんなスキルを持っています!

一般的なITインフラの知識、AWSの環境構築技術、現在使用していないが英語が話せます。

こんな会社に成長させたいと思っています

自社のシステム部での内製化を進める企業も増えてきているので、単なるSIerや常駐でのIT業態は今後衰退していくのではないかと。
そういった中で社員個人のアイディアややりたいことを提案し、シンプラインのいち事業へと昇華させ将来的には子会社としての独立やグループ化なども可能性としてはあるのかなと考えることもあります。
こんなご時世だからこそ、自由度の高いフレキシブルな業務形態と効率よく時間を使えるよう日々、知恵を絞りながら生きていくことを念頭に考えています。

ある1日の仕事の流れ・・・

・6時~ 起床、身支度、朝食
・7時~ リモートで業務開始、チャットで業務開始連絡
・8時~ 前日の進捗と本日のタスク目標決め
・9時~ 朝会(個々の進捗をグループで確認)
・10時~ 粛々とタスクを進める、構築作業や設計書作成作業などなど
・12時~ 昼食&軽く仮眠
・13時~ 粛々と各タスクを進める
・15時30分 お疲れさまでした!

↓プライベート・・・

16時過ぎから日が落ちるまで:身支度をして農作業、トラクターに乗って畑を耕したり、作物を収穫したり、土づくりをしたり
農作業がない日や雨の日は自由な時間として趣味に没頭したり身体を動かしたりしてます。

アプリケーション開発からクラウド基盤までを飛び抜けた技術力で!

エンジニア中桐

SEとしてだけじゃなく事業や組織づくりにもリーダシップを発揮!

エンジニア菊地

お客様やメンバーからの絶対的な技術的信頼

エンジニア重見

目的達成のために自分を変化させ続けることに 向き合い続けられている!

マーケティングチーム中島

九州でエンジニアとして働きながら、空いた時間を農業に!

エンジニア桐山

元SEの営業担当!技術もわかる頼りになる営業です

営業米山